【次へ進むための、燃え尽き期間中。】次への力は、良書がくれる。

美脚マスタークラスが終わったものの、なかなかやることが落ち着きません。
今日は昼寝をしてみるものの、疲労感が抜けるどころか、ダルくなりました。
カフェに行き1時間ほど読書タイムを持ちました。

「本は、知識を減らすために読む。」

執行草舟氏の言葉は深い。

「本は、食物である。」
「不幸に弱い人間は、読書が足りないのだ。」
「人間として生きる価値は、実は不幸の中にある。」
「不幸は、人間的である証なのだ。」

執行草舟氏の書物【「憧れ」の思想】はいつも力をくれます。
カッコ良すぎます。

 

不仕合せの時、草臥(くたぶ)るる者は、益(やく)に立たざるなり

今日は葉隠のこの一節で立ち上がった。
こうも書くと「なんだ?射水は不幸のどん底なのか?」と思われるかもしれませんが、「そういうモード」です。

13日(火)は久し振りに「何もない休日」となりそうです。
それまではしばしやり過ごし、この日はひとり静かに、映画でも観て泣こうと思います。

P.S.
治療以外の時間は、しばしバーンアウトです。

セミナー情報など配信しています。
お友達登録宜しくお願い致します。
友だち追加

 

 

関連記事

  1. 自然に触れると、感覚が開く。感覚が開くと、脱力できる。

  2. 偶然の出会いさえ、自ずと選んでいる。

  3. 飽食からの脱却Day。断食は、身体浄化です。

  4. 当院の冬は、暖かくて、快適よ。ダイソンファンヒーターを買って…

  5. ギリシャのサントリーニ島へ行ってきました。

  6. やりたいことは、苦みが伴う。苦みの伴う続けていることが、本当…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA