逢うべき人には、必ず、逢える。

日常

寸分たがわず、出逢っている。

今日は当院に通っている方に向けて書いているブログを、そのまま引用という形でアカデミーブログも終了です(^^ゞ

【自分が決めたことを、堂々と貫いて生きよ。】

当院からの今後の活動方針の葉書が、今日には届くかと思います。

Dsc_2063

院を閉めるか迷いましたが、「開いてて助かりました」と伝えて下さる方もおり、有り難いことです。
正解は解りませんが、やる以上はしっかりした対策のもと、自分のできることを続けます。

今朝も、急性腰痛の方がいらっしゃいました。
「休みだったらヤバかったです」と、サダハル氏。
気合い入れて仕事してきてくれ!

昨日からは余裕をもって予約をとっております。
なるべく院内に人がたくさんいる状況をなくします。

今週からGW明けまでは、スタッフの香織先生もお休み頂くことにしました。
エステ予約が数名入っておりましたので、ご連絡させて頂きました。
快くご理解頂けて、本当に助かります。

ホームページを見てのご新規も、予約はお断りしております。
状況がおさまるまでは、既存の方からのご紹介のみ、新規は受け付ける方針でおります。
ご理解頂きますよう、宜しくお願い致します。

 

隙間時間が多い故、日頃手の届かないことに時間を割けます。
コロナ収束後の未来に向けての今にします。

時間って有り難いですね。

昨夜は奥さんともいろいろと話をしました。
周囲をどうこうではなく、自分たちがすべきことをして過ごそうと。
奥さんは在宅勤務となりました。
なかなか思うように行かない部分も多々出てきているようです。

今はSNS等でいろいろな情報が錯綜します。
右という人もいれば、左という人もいる。
私はどれも正しいのだと感じます。
すべて一理ある。
同時に、すべてが間違いでもおかしくありません。

自分が「私はこうしよう」と決めたことは、自分がすれば良いと思います。
黙ってね。
マスクしていない人をみて「困った人だ」と投稿している人もいますが、マスクがない人もいますから。
いま皆さんの隣の人も、きっと不安に感じているハズですから。

嫌な人がいるなら、自分が近づかなければ良い。
たとえば、カフェに行って、隣の人が咳してたら。
そういう人がいるコトぐらい、予想できるわけですから、それは自分の問題でしょう。
自分がカフェに行かないようにすれば良いのです。

既に自分がパニックなのだと認められる内は、本当のパニックにはなりません。
私は少なくとも「現状の自分がパニックだ」という自覚くらいはありますよ。
体調不良でも何でもないのに、たまに自分でオデコ触って熱がないか確認したりしていますし(笑)
コレってパニックですから。
普段まずオデコを触ることなんてないのですから、すでに、射水はパニックなのですよ。
ただ、自覚はしているから、本気のパニックにはならないでしょう。

本当に大切なことは、いまできる範囲で平時を生きることです。
コロナを通じて、大切なことを学んでいると私は感じております。

普段仕事できることがどれだけ有り難いことなのか。
会社に行けることがどれだけ有り難いことなのか。
仕事を通じてお金を頂けることがどれだけ有り難いことなのか。
普通に食事できることがどれだけ有り難いことなのか。
トイレットペーパーがどれだけ有り難いことなのか。
花粉症など大した問題ではないという事実がどれだけ有り難いことなのか。
家がどれだけ有り難い場所なのか。
日本に生まれたことが、どれだけ有り難いことなのか。

冷静に考えますと、もしも世の中の人全員がTVなど一切観ることなく、スマホなどなかったら、はたして現状が「緊急事態だ」となるのでしょうか。
きっといつもより病院が混んだりはするのでしょうけども。
ティッシュがなくなったり、マスクがなくなったり、カップラーメンがなくなったりすることはないでしょう。
どれだけ我々がメディアに踊らされているか気づきますよね。

「感染したらどうしよう」などという余計な不安はいらないのです。
クヨクヨして感染するリスクが激減するなら、どんどんクヨクヨすれば良いですが。

私は自分が少しでも体調不良だと感じたら、その時点で治療院は閉め、休みます。
それがもし感染してのことだったら、しばらくは入院かもしれませんね。
「あの治療院はヤバイ」という風評も起こりますから、潰れるかもしれません。
そしてら、潰れます。
それも受け入れると決めています。
それで構わない。
ただ、そこからまた人生をスタートする気でいます。
生きていればですが。
こればかりはわからないのですから、「感染したらどうしよう」ではなく、「感染したらこうしよう」さえ決めておけば、あとは自分がすべきことをするだけなのです。

という気構えでおります。

どうか、当院に関わる皆さんが、今時期を無事に乗り超えることを祈っております。
本当に祈っております。

自分で決めたことを、堂々と貫きましょう。

それしか、できないのだから。

射水姿勢リフォーム

https://shisei-reform.com/

 

P.S.
昨夜は治療院を通じてご縁を頂いた寛道さんと、夜な夜なメッセンジャーでやり取りしました。
「五反田どうですか?」から始まり、「こんな本がいいですよ」とか「こんな音楽がいいですよ」とか。
この仕事を通じて出会い、こうして今も繋がっていて、ご縁が継続していることの不思議。
普段はなかなかお会いできませんが、人と人が繋がることは、温かい。
いやーなんか、フッと肩の力が抜けたイイ時間でした。

また、丁度同じ頃、徳島県の受講生からもメッセンジャーが届きました。

先生、お久し振りです。
東京は大変なことになっていますが、皆さまお元気ですか?
私は遠い徳島なので、ニュースでしか東京のことはわからないのですが、心配になってメールしました。
徳島は、全く影響がないとは言えば嘘になりますが、通常営業をしております。
1日も早く通常の生活に戻れることを祈ってます。

当アカデミーは何故か徳島受講率が高くてですね(^^ゞ
徳島の方は温かい(^_-)-☆

昨日、寛道さんからの推薦図書でもあった、森信三氏の言葉です。

人間は一生のうちに逢うべき人には必ず逢える。
しかも、一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に。

今こそ、周囲を大切にする時ですね。

セミナー情報など配信しています。
お友達登録宜しくお願い致します。
友だち追加

 

 

toru-imizutoru-imizu

関節エステプロフェッショナルアカデミー代表の射水徹です。

関連記事