これからの日本は、僕ら世代次第だ。

日常

今一度、死生観について考えたい。

今朝は8時半より治療スタートです。
15時までの短縮営業でしたが、結局時間外まで。
今日は隙間なしでした(^^ゞ
来院される方同士が、院内で極力すれ違うことの無いように予約を取っております。
GW期間は時短営業です。
毎年送っているGW前のハガキは、今年は送っていません。
GWは引き続き、緩やかに治療します。

 

きよ子さんがモナカを届けに来てくれました。
2日前に治療していたので、わざわざモナカのために電車に乗ってきてくれたのです。

「先生、絶対美味しいから食べてみてね。」

治療中だったので、あまりお話できませんでしたが、有り難いことですね。

愛されております。
心して頂きます。

 

功さんが、「トール先生のところは対策バッチリでさすがだなぁと思いました。こういう張り紙ひとつで安心できます」と帰り際に伝えてくれました。

コロナのお陰で普段気にもしなかった部分にまで目が行き届くようになりましたね。
スリッパも隙間時間に毎度消毒しております。
歯医者に行った時に気になってから始めました。
今はできる限りの対策をして、仕事をするしかありません。
また定期的に張り紙も変えよう。

 

アメリカではいまだに毎日300人以上の方がコロナで亡くなっているようですね。
103万人が感染し、6万人近い方がお亡くなりになっていると(ネット情報です)。
日本は、1万4000人が感染し、400人弱(東京は100人)の方がお亡くなりになっているそうです。
早く世の中が落ち着いて欲しいです。

海外と比べて、日本が非常に少ないのは驚きます。
不思議なものです。
ネット上には所説ありますが、実際のところは、どうなのでしょうね。

今年、花粉で悩んでいる人が少ないのは、何故なのだろうか。
これまた不思議です。
私も毎年の苦しみが嘘のように、ほぼ無症状で済んだと言って良いです。
毎年GW明けまで苦しいのに。
おそらく小学4年生以来振りの、快適な春だったと言えます。

 

アメリカは厳しい状況にありながら、それでも段階的に経済活動を再開しようとしております。
アメリカの属国日本も、そろそろそれに倣うのでしょうかね?
それとも「まだちょっと待て」と、「お上」からのチェックが入っているのだろうか。
こればかりは、我々にはわからないこと。
もうだいぶ経つが、首相が家で優雅にくつろいでいる動画も上がったが、あれはなんのアピールだったのか。
泣きながら休業に迫られ、苦しい人たちがたくさんいるのにね。
友達の飲食を経営している人たちは「そんな場合じゃない」という人もたくさんいる。
近くだったら毎日でも食べに行ってやりたいよ。
「外食している場合じゃない」と、怒られてもね。

私がよく行くお店も、来店があれば、20時過ぎても全然やってますと言っていた。

「そういう人たちがいるから収まらない。」

よくそういうことを平気で言えるよな。
普段からのお店の方々を見ていて、責める気になど、到底ならない。
大変だろうけど、乗り越えて欲しいと願うばかり。
私はランチでしか応援できないけども。
この先状況が良くなったら、たくさん連れて行きます。

いろいろな立場の人がいるのです。
ある人から見れば、「アイツはあんなところへ行って何をやっているんだ」と思う行動も、ある人から見れば、「来てくれてありがとう。本当に嬉しいよ。助かるよ」というのが今なのです。
「外出自粛なのに公園で遊んでどうしようもない。」
「こんな時に外食してなにやってんだ。」
「こんな時に出歩くこと自体が間違っている。」
なにがそんなに気に食わないのだろうか。
以前も書いたけど、「隣人が隣人を監視する社会」が、日本にもできてしまった。

「アイツはどうしようもない。」

じゃあ、あなたはそんなに立派に生きているのか。

「自分の正解が、すべての人の正解」とでも言わんばかりの勢いを感じる。
「正しい行動」とは、一体なんだろうか。
今は「家にいること」が、正しいのだろうな。
国が言うのですから。
私なんて休まず仕事しているから、「アイツはまったく」と言われる対象でもあるのでしょう。
でも、それでよい。
自分で決めたことだから。
申し訳なさそうにコソコソやっていたら、来てくれる方々に申し訳が立たない。
堂々と今を生きるよ。

 

「このままいけば3週間後には日本も40万人の感染になる」と言っていた人がいましたが、間もなくその3週間後です。
3週間前の状況からしても、やっぱりなるわけもなく。
「検査数が少ないからだ」とも言われますが、じゃあ誰でもかれでも検査すれば良いのかと思う。
そんなに無駄に増やしたいのかと感じる。
2019年の癌での死亡予想人数が、日本では38万人予測だったそうだ。
癌になる人ではなく、亡くなる人がですよ。
そんなことさえも、今まで知らなかった。

都知事も「東京はまだまだ厳しい状況」と言うけども、「東京の何がどう厳しいのだろうか?」と、正直思うのです。
私はそれを知りたい。
「1日200人増えました」と言うのもわかるけど、それって実際に多いの?
それとも、少ないの?
お陰様でうちの親なんて、一時毎日のように「今日は100人増えた」と、無駄に恐れまくってましたよ。
「そんなもんばっか(テレビばっか)観るなよ」と言っても、聞かないですがねm(__)m

2020/2/24~3/1(2020年第9週)のインフルエンザの1週間当たりの推定患者数は約144,000人となり、5週連続して減少しました。
週明けの月曜日の推定患者数は約25,000人と前週の休日明けの火曜日の値を下回っており、インフルエンザの患者数は更に減少していくものと予想されます。
感染症ニュースより抜粋【https://kansensho.jp/pc/article.html?id=IE00000473&ssl=on

インフルって今も1日2万人感染しているのね。
知らなかったです。
インフルに意識がある人なんて、いま一人もいません。
でもインフルも毎年たくさんの方々が亡くなっていることを、皆さんも今年になって知ったハズです。

コロナを甘くなど見ておりません。
実際、私の身近な人の親戚の方が、海外で亡くなられている。
コロナは怖いですけど、でも、人間も怖いよ。
僕ら世代がしっかりした死生観を持って生きないと、自分さえ良ければ良い日本に、行くところまで行く気がします。
営業をやめないパチ屋は名前を公表するとか、いつからそんな日本になったのだろうか。
個人レベルで考えたら、震えますね。
今も十分恐ろしいが、このままでは、末恐ろしいですね。

自分の足で、しっかり立とうぜ。

【「いかにして死ぬるのか」自分の解を、いま持とう。】

P.S.
本日最後に、ツンデレ系美人、由記子さんにも、褒めて頂きました。
院内を見渡して、「ほんとにココは綺麗ですね。いつも空気もイイし、常に場が整ってますよね」と。
まさか由記子さんに褒められるとはな(^^ゞ
嬉しい。
なんか、今日はやたらと褒めて頂いたm(__)m
徹底的なベランダ掃除と、換気効果でしょうか(^_-)-☆
引き続き、院内の浄化は徹底し、コッソリ仕事します。

セミナー情報など配信しています。
お友達登録宜しくお願い致します。
友だち追加

 

 

toru-imizutoru-imizu

関節エステプロフェッショナルアカデミー代表の射水徹です。

関連記事