関節エステストーリー勉強会の感想と返信です。

セミナーのご感想

安全保障と対局にあるのが、勇気。

ストーリー学すごくおもしろかったです。
たくさんの引き出しができました。
今日もすごく勉強になり、「なるほど~!!」と思うことがいっぱいありました。
四肢をしっかりとやる意味や、アウターとインナーの連関が理解でき、明日からの施術が楽しみになりました。
【射水より返信】
お客様に何を聞かれようとも対応できると思いますよ。
手技をやるでも、どう考えてやっているのかを理解できると、日々の施術が面白くなりますね。
やり方だけ知ってやっているだけの施術者がほとんどですから(^_-)-☆
まだまだ掘り下げて行きましょう。

立位での肩関節や僧帽筋の緩め方は、初めての私でも効果を出せたので、すぐに試してみたいです。
テニス肘の方がいらっしゃるので、とてもためになりました。
話の展開も参考になりました。
バストアップ術は年齢問わず、皆が興味大なテーマですので有り難かったです。
ストーリーセミナーは来年は無いんですね。
残念ですが、今回参加できてよかったです。
【射水より返信】
固定する部分をちょっと変えるだけで、狙いが変わります。
見た目もその場で変わることがほとんどですから、お客様にはサプライズを提供できますね。
来年はまた違う形で、開催できればと考えております。
今年はマスターも修了しましたし、今後に繋がる種をたくさん撒きましたね。
ここからが勝負ですよ(^_-)-☆

細かい手の位置、角度を修正して頂けて、また明日からの課題が見つかりました。
今日も一瞬で変化する身体に感動しました。
「関節エステ」の面白さが増した1日でした。
【射水より返信】
細かい点の修正ができるのは、繰り返し勉強する人だけの楽しみ方ですよね。
細かい点をお客様は無意識レベルに感じ取っています。
以前と比べると、圧倒的に雑さがなくなりましたね(^_-)-☆

僧帽筋の手技は効率も良く、受けた人が変化を感じやすいので、使いやすいです。
ストーリーを伝えることで説得力が生まれるので、圧倒的な主導権を取れそうです。
肩が下がると首が長く見えるし、小顔に見えるので、美のアプローチにつなげることができると思いました。
早速施術に組み込んでいきます。
【射水より返信】
今回は立位で即効変化を作れるのが良いですよね。
「〇〇さんの場合こうこうこうだから」と、お客様から聞かれた時に、サラッと伝えるだけでOKですね。
学んだことをいろいろな角度から活かしてみて下さいね。

盛りだくさんの内容で頭がパンパンです。
いつも思うのですが、自分の考え方を変えていかないといけないなと。
今までの凝り固まった思い込みをぶち壊さないとと思いつつも、なかなかできないでいます。
回数を重ねてはいますが、思い切りと勇気が私には足らないと思います。
腹をくくらないといけない。
今日のお話を聞いたことで、今一度考え直します。
【射水より返信】
いいですね。
苦悩してますね。
最高ですよ(^_-)-☆
まさか、「ぶち壊す」という言葉が聞けるとは(笑)
「知性は勇気のしもべ」と小林秀雄氏が語ったことを、執行先生から学びました。
「人間の命の中で一番重要なものは勇気なのだ」とも。
本当に勇気がない人は、「私には勇気が足りない」とは認められません。
まだまだこれからも、共に突き進みましょう。

今日のセミナーはものすごく難しかったです。
ツライ部分だけでなく、連関部分まで見ていくことで、クライアントさんにサプライズを演出できそうです。
信頼感に繋がるように感じました。
今日学んだことは、今までも同様なことは常に云われていましたが、今回はもっと踏み込んだ話だったように感じております。
【射水より返信】
踏み込んだ内容に聞こえたのは、繰り返し勉強しているからではないでしょうか。
深いところまで聞き取れるようになっているということだと思いますよ。
サプライズを届け、クライアントさんに喜んでもらいましょう。

一番相談が多いのが肩こりです。
「肩を念入りに」と要望されることが多いです。
私は全身を施術するようにしていますが、納得されないことも多いです。
今日の勉強会でもう少し自信をもってできるように思えました。
【射水より返信】
これからは余裕で納得させていけないとね。
一番は主導権が取れていないことに尽きます。
「肩を念入りに」とお客様主動路線ですと、なかなか思うように結果が出ないのが実際なところです。
来年の第5期マスターが楽しみですね。
圧倒的なセラピストに生まれ変わってもらいます(^_-)-☆

今回は雑談も含めて気になっていることが聞けて良かったです。
四肢を施術する意味や、あえていつもとアプローチを変えてみることなど、明日からやりたいと思います。
変化を見つけてあげることを徹底しています。
毎回変化をプレゼントしていきたいです。
バストアップも気になっていたので、忘れないように落とし込みます。
楽しかった!
疲れていたけど、本当に来て良かったです。
【射水より返信】
いつもサロン忙しそうだもんね。
ちなみに、雑談の方が本気だったりするのでね(^_-)-☆
脱線はその日の受講生の色で変わることでもあります。
雑談含め、これからも関節エステを楽しんで下さいね。
「楽しかった!」が一番嬉しいですね。

上記にあった、ある受講生の感想文が印象的です。
今ほど勇気の発動が封じ込められた社会はないでしょう。
勇気などなくても生きられるから。
動物が生きるのに、勇気など必要ないでしょう。
勇気を持てるのは人間だけだと思うのですが、「何でも安心」、「何でも安全」、「何でも安心保障社会」ですから、人間に勇気などいらなくなりました。
むしろ「邪魔なもの」になりつつある。
「勇気など振り絞ったら死ぬかもしれないじゃないですか」と今は考えるでしょうから。
要は、人間が動物となったということ。
何かに立ち向かって生きるのが、人間の「本来の」生命だと思う。
執行先生が、「安全かつ保障で守られた中に気高さなど微塵もない」という趣のことをおっしゃっておりました。
安全かつ保障の中に、勇気など必要ないのです。
安全保障と対局にあるのが、勇気です。
何かに立ち向かうには、「勇気」が必要です。
気高く生きるには勇気が必要ということです。
勇気とは、何かに立ち向かう気高さの発動です。

僕ら
ガタガタ震えてタチムカウ
ビクビク怯えてタチムカウ
僕ら
負けると知っててタチムカウ
ボロボロ泣きつつタチムカウ
しかし
なめてんじゃねーよタチムカウ
ふざけんじゃねーよタチムカウ
むしろ
犬死にと決めてタチムカウ
おー狂い咲く人間の証明

ある日のブログにも使った詩です。

これこそが、人間の生命燃焼だと感じるのです。
私もこの感想文を読んで、勇気を持って今を生き抜こうと感じます。
大袈裟ではなく、そうやって生きなければ死に切れないということです。

そう。

どうせ、いつかは逝くのです。
だったら安心安全保障を求める人生ではなく、誇り高く立ち向かい、動物ではなく人間としての生を死にたいものだ。

P.S.
苦悩最高。
自己の運命に体当たりするのみ。

P.S.2
彼らもやり切ろうと闘っているように見える。

セミナー情報など配信しています。
お友達登録宜しくお願い致します。
友だち追加

 

 

toru-imizutoru-imizu

関節エステプロフェッショナルアカデミー代表の射水徹です。

関連記事