7ビューティーにて骨盤・美脚矯正中級セミナーを開催しました。

7ビューティーアカデミー

間違っても続けることが、成長のプロセス。

昨日は7ビューティーアカデミーにて、骨盤美脚矯正中級セミナーでした。

初級を受講する前からすでに中級まで申し込まれている方や、初級で仲間ができ、練習を繰り返して中級を受講された方々もいました。
熱いメンバーが多くて嬉しい限りです。
「できない」「むずかしい」と、ため息をつく方もいましたが、最後の方は皆さん形になっておりました。
即日実践しても大丈夫な方も、チラチラ出てきましたね。

大切なことは、今日から現場で使うことです。
ここからが勝負です。
使えば使うほど、あらためてレジュメを見直した際や、次回のセミナー受講時に大幅にレベルアップできます。
間違いに、自分で気づけるからです。
何度、「右だよ」と伝えても、「左」をやり続ける人がいます。
そういう方は、「自分で気づく」体験が必要です。
「あ、ここは『右』だったのか」と、自分で気づいて初めて修正が利きます。
気づくまでずっと左をやり続けることが、その人にとって必要な成長プロセスなのです。
私はいつも、途中からはあえて修正をしません。
あえて間違ったまま続けてもらう方が、成長が早いこともあるのです。

とにかく今日から現場で使うこと。
レジュメを見直すこと。
仲間と練習すること。

途中、板倉先生に実演してもらいましたが、全然違ったでしょう。

現場での実践と、練習量の違いです。
「小柄だから」とか、「力がないから」とか、「身体が固いから」とか、「身体が痛いから」とか、「年齢が」とか、すべて関係ありません。
セミナー毎に身体的な言い訳を散々聞いておりますが、「一切、できない理由にはならない」と、断言しておいてあげるよ。
我々は、皆さんよりもよっぽど不器用で下手くそで酷かった人が、諦めずに2年半を掛けて成長していった過程を見ておりますから(^^ゞ
できないとしたら、できるまでやらなかっただけのことです。

板倉先生も、もともとは初級を受けたことがきっかけとなり、現在に至ります。
やはり相当な量を仲間と繰り返し練習し、開業しましたからね。

昨日の中級受講生も、早ければ10月の頭からメニュー化できます。
レジュメを見なくても、迷わず動けるようになったら本格スタートです。

昨日の中級メンバーなら大丈夫です。
堂々と、現場で実践して下さい(^_-)-☆

P.S.
昨日で一旦、セミナーロードが終了です。
板倉先生と旨い寿司で打ち上げました。
しかし長かった。

セミナー情報など配信しています。
お友達登録宜しくお願い致します。
友だち追加

 

 

toru-imizutoru-imizu

関節エステプロフェッショナルアカデミー代表の射水徹です。

関連記事