気持ちと行動を、リンクしよう。

アカデミー日記

スマホをおいて、出掛けよう。

今日はスマホを忘れました。
如何に「スマホ遊び」をしていたかに気づきます。
女子高校生の平均スマホ時間は、6時間6分と本で読みました。
大人も変わらないですね。
電車に乗れば9割の人はスマホです。
本を読んでいる人を見かけると、オッと思います。
絶滅危惧種です。
週に1回、スマホなしで出掛けるのが良いですね。

特に移動のない日なら問題なしです。

私と香織先生は喜怒哀楽を感じる部分が一緒です。
「あれってこうだったよね。」
「あれってああ思いませんでしたか。」
で、「イヤ、別にそう思わなかったけど」がないのです。
「やっぱりそう感じた?(笑)だよねー」となる。
一緒に仕事をする上で大きいです。
この感覚がズレまくっている人とは、一緒にいられません。
想像しただけで、厳しい仕事になりそうです。
「そうですか?それよりこうじゃなかったですか?」
「そう?」
毎回こんなだったら疲れます。
豚かつランチミーティングをしながら感じたことです。

何度も通っている方たちに、なにができるかを考えよう。

ご紹介で二人のご新規さんが来院されました。
お二人とも、超常連さんのご紹介です。
喜んで帰って頂きました。
今月もご紹介ラッシュです。
常連さんからのご紹介ほど有り難いことはありません。
予約電話の第一声で、「あ、この人は紹介だな」とわかります。
ホームページからの問い合わせと、ご紹介とでは、トーンがまったく違います。
治療効果は当然数倍アップするに決まっています。

セミナーで「既存の方と、ご新規の方とどっちが大切ですか?」と聞くと、「既存さんです」と誰もが答えます。

「既存さんです」と答えるエステティシャンの話題は、ご新規のコトばかりです。
集客の話ばかり。
クーポンサイトの話ばかり。
「今月新規が少ないの~」って。
言っていることと行動が伴わないエステティシャンが、9割です。
耳が痛いでしょうが、セミナー講師をして感じる実態です。
クーポンサイトは、新規に割引をして、2回目からは通常料金というスタイルも多いです。
「うちは2回目も割引しますから」は、もっと酷い「反サービス」です。
既存の方を大切にしていることにはなりません。
お金の付き合いをしているのだから。
酷な言い方をすれば、お客様のことがお金に見えているのです。
「3回目も安くして下さい。じゃなきゃ他のサロンへ行きますよ。」
そう思われても、仕方ないです。
本当の意味で、既存の方々を思う心と行動が伴わなければ、いつまで経っても「ご新規様様サロン」です。
本当は、どんなサロンにしたいのだろうか。
真剣に考えてみよう。

第2期美脚マスタークラスは、そんな話から始まりましたよね。(^_-)-☆
覚えてますか?

P.S.
10分前に来院したヨウコさんが、下駄に興味深々でした。
「履いてみて下さい」と言うと、すぐにチャレンジ。
「すごいたのしいね~」と歩けて嬉しそうでした。(^_-)-☆

P.S.2
最後の治療はジュリさん。
治療後、「先生、下駄やっていい?」と下駄で遊ぶジュリさん。
つい僕も自慢げに自分のを履いてしまった(笑)m(__)m
長く通われている方たちが、楽しめる治療院で在りたいです。

これで外を歩いてみたいな。
今度やろ。

セミナー情報など配信しています。
お友達登録宜しくお願い致します。
友だち追加

 

 

toru-imizutoru-imizu

関節エステプロフェッショナルアカデミー代表の射水徹です。

関連記事