【第2期美脚マスタークラス開講】身体が生まれ変わる感動を、お客様に即効で届けよう。

関節エステの最上級セミナー「美脚マスタークラス」が開講です。

第2期美脚マスタークラスが開講です。

台風の影響で、残念ながら初日に参加できなかったメンバーもいます。
補講という形でフォローします。
他のメンバー全員の協力もあるでしょう。
一致団結してゴールに向かいましょうね!(^^)!やるからには、第1期を超えていくよ!(^^)!

時間を売るのではなく、お客様に「感動を売る」エステティシャンになって頂くのが、関節エステ流です。

今回のテーマは「感動を売れるエステティシャンになろう」です。

セミナーの冒頭に掲げたことです。
多くの個人エステサロンは、クーポンサイトでの割引競争です。
「いい加減、その疲弊する経営を辞めませんか?」と。
今回のマスター生の悩みのひとつも、「長時間施術での疲弊」です。
「安売りから脱出したいです。」
素直に言えることから、始まります。
時間提供するのではなく、身体が変わる感動を、お客様に届けよう。
マスターメンバーには、この仕事の本当の意味でのやりがいを感じて頂きます。

関節エステは、時間の安売りからの脱却術です。

五反田には60分2980円のほぐしがワンサカあります。5店舗ほど。
3000円台となると、倍はあります。
これを個人サロンでやっていたら、身体がもちません。
最初は「たのしい」でやっていけます。
3年後は?
きっと疲れ切っているでしょう。
でも、その疲労に対して目をつぶってしまうエステティシャンは多いのです。
「私の地域ではこれが相場です。」
「私は田舎だからそんな高いお金いただけません。」
「じゃあ東京だったらやれるのかいな?」と。
自分の中から湧き上がる言い訳と向き合って、はじめて先へ進むことができるのです。

クーポンサイトを検索すると、銀座にあるエステも90分5000円です。
120分13000円というのもあります。
花谷先生から教えて頂いた個人サロンの基準は、最低「60分10000円」です。
これ以下は、残るのは疲労です。
マスターメンバーにとって、ひとつの基準となる数字となります。
これくらい余裕でいけるエステティシャンを、当アカデミーから輩出していきます。
技術を学び、できるようになるのは当たり前の大前提です。
その先の未来に向けてどこまで考え抜けるか。
覚悟を決めて、挑戦できるか。
「まぁこれくらいでいいや」は、マスターに来る意味がありません。

関節エステは手技だけを学ぶ場ではありません。
イチ施術者として、プロフェッショナルな姿勢を吸収して頂きます。
そんな気持ちで、「プロフェッショナルアカデミー」と命名しましたから。

関節エステを生かすためにできることは、すべてやろう。

今朝、早速マスター受講生のカオリさんからLINEで、課題をスタートさせた報告がありました。
素直な人は、一歩が早いですね。
あとは、来たる日に向けて、毎日準備を進めることですね。
まずは常連さんに喜んで頂こう。
第2期でやったことは、必ず今後のエステティシャン人生を激変させます。

開業を間近に控えているユカさんも、早速テルヨさんと練習したそうです。
マナブさんは、「うちの院が関節エステの手技だけになる日は近いかもしれません」と伝えてくれました。
よし、その調子でどんどんお客様にファンになって頂こう。
第2期はイケイケマスター集団です!

今回もお揃いのTシャツを作りました。
集合写真です。

実はこの写真もワークでした。
この写真の合格者は、射水とカオリさんだけですね(笑)ちょっと、香織先生( ;∀;)

美脚関節エステの基礎は、マスタークラスにある。

手技は初日で30個です。

多く感じますが、実際にはとてもシンプルです。
10個を30個に分解して、解りやすく伝えました。
この基礎があり、その中に美脚手技を入れ込みます
皆さんの知ってる美脚施術は、まだ中級レベルです。
マスターはアカデミー最上級レベルをお伝えしますから、今まで使っていた手技も、まったくの別物と化しますよ。

Day2 10月9日が、今から楽しみですね!(^^)!
あらためて課題を送りますね。

P.S.
しかし、みんな笑顔慣れてないですね(笑)
笑顔くらい引き攣らないで作れなきゃ。
でも、こっちの写真のが良いですよ(^_-)-☆

歯がみえない笑顔は、笑顔とは言わないのである。

関連記事

  1. 【小顔・顎矯正セミナーを受講してきました】できる人より、感動…

  2. 第2期成功ダイエット塾が始まりました(^_-)-☆

  3. アカデミーの定期通信を作成中です。受講された方はお楽しみに(…

  4. 美脚と腰痛セミナーの受講生から、うれしいメッセージを頂きまし…

  5. 【無料セミナー(説明会)を開催しました】「普通はさ」の逆に、…

  6. 環境の変化は、コトを成すための材料だ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA