4人目の第4期マスターメンバーが正式に確定です。

マスタークラス

情熱が、人の心を動かす。

以前からマスタークラスの受講を希望されている方の第4期マスタークラス受講が決まりました。
これで、正式に4名となりました(最大あと2名まで可能)。

はじめて当アカデミーに問い合わせの電話を頂いたのは10月の上旬でした。
アカデミー受講生からのご紹介でした。
マスタークラスを受講希望とのことでしたが、電話での様子から私は「厳しいな」と判断し、その場でお断りしました。
その時は、「7ビューティーの美脚セミナーを受講すると良いですよ」とお伝えしました。

その後、無料体験会に申し込みがあり、11月にはじめてお会いしました。
その時もマスタークラスを希望とのことでした。
それまでのメールのやりとりや、体験会でのお話しからも、マスター受講は見送ることを伝えました。
マスタークラスを受講する以前に、すべきことがあることをお話ししました。
「現実を直視せよ」です。
その時点でご本人は、7ビューティーセミナーの初級と中級をすでに申し込んでいました。
「では、2つのセミナーを受講してから決めても遅くないのでは?」と。
私はマスタークラスは受け入れる気はありませんでした。
はじめてお会いした無料体験会では、ご本人にとっては厳しいお話しばかりになりました。
こんな無料体験会は過去初めてのことで、例外ですね。
ご紹介してくれた方にも、マスタークラスをお断りした理由や経緯をメールでお伝えさせて頂きました。

初級、中級と受講姿勢を見て、私も講師陣も「なんとかしよう」という気持ちが芽生えました。
香織先生は初級の時点で、「私は大丈夫な気がしています」と言っていました。
優しいなぁ(笑)
私がそう思ったのは、中級セミナーでした。
「なんとかしよう。」
講師陣にもそう伝えました。
真面目ですし、決して奢らぬ謙虚さがあります。
ただそれだけではうまくいかないのも事実です。
マスタークラスでは皆の協力も必要でしょう。
特に私以外の講師、受講生からのアドバイスは貴重なように感じております。
また、通常の課題プラスαが必要に感じております。

「なんとかしてあげたい」と言っても、やるのはご本人です。
最大のフォローはしますが、結局はご本人がやり切るかどうかです。
やるからには、3月末までビシビシ行きます。

今日、紹介をしてくれたヤスコさんからメールがありました。
以下、一部ブログ用に変更しております。

今日〇〇さんが私のサロンにお見えになり、一緒に中級セミナーの内容を練習しました。
〇〇さんの顔から幸せオーラが出ておりましたので、関節エステの素晴らしさを感じたのだと分かりました。
「中級セミナー楽しかった」と話てくれました。
射水先生、佐藤先生、板倉先生のお陰と思っております。
ありがとうございました。
以前は施術を学んでもなかなか実行には移さない所がありましたが、今回はすぐに行動に移した事、私も嬉しく思いました。
施術もテキストを見ながら一生懸命やってくれましたよ。
私も始めは覚える事に精一杯だったので同じですね。
毎日テキストの確認、お客様の反応などを感じながら、今に至ります。
〇〇さんの姿を見て、私も初心を忘れずに気を引き締めて頑張って行こうと思いました。
関節エステと自分の持っている技術とで効果が上がり、お客様の満足度も高くなっております。
4月の肩こりセミナーが待ち遠しいです。
今年もあと少し悔いのなく終われる様に頑張ります。
〇〇さんから「マスタークラスを受講できることになった」とメールを貰いました。
この世界で生き残るには確かな技術が必要になるので、頑張って突き進んで行くのは大切だと思います。
私はその少しお手伝いができたかな。

〇〇さんよ。
ヤスコさん「さまさま」ですね。
ヤスコさんのためにも、第4期マスタークラスをやり切りましょう。
やり切ることが恩返しとなります。

弱音吐いたら、カンチョーしますよ。

P.S.
親身になってくれる仲間の存在は、大きいですね。

セミナー情報など配信しています。
お友達登録宜しくお願い致します。
友だち追加

 

 

toru-imizutoru-imizu

関節エステプロフェッショナルアカデミー代表の射水徹です。

関連記事