第4期マスタークラスは、あと1名で締め切ります。

マスタークラス

共感とは、共苦である。

2020年1月より開催の第4期マスタークラスもあと1席のみとなりました。

第4期マスタークラス→【https://toru-imizu.com/course/master-class/

まだ関節エステのセミナーを受講したことのない方からのエントリーです。
アカデミー受講生の施術を受け、感動して関節エステを勉強したいと思ったそうです。
香織先生から連絡があり、体験会にも来られるそうです。

無料体験会→【https://toru-imizu.com/free-seminar/

おすすめした7ビューティーアカデミーでのセミナーにも申し込まれたとのこと。

美脚セミナー初級編→【https://www.7beauty-academy.com/products/view/10277

すべてはご本人の気合い次第です。
気概ある方には、最大の気愛をもってお返しするのみ。
第4期は、第4期のメンバーを見て、いま最も必要と思うことを伝えていきます。
受講生ごとに置かれている状況、環境は異なりますから。

まずは、メールだけはできる状況にしておいて下さい。
特に、キャリアメール、gmailを使用している方ですね。
「届いていません。」
必ずそういう方がいます。
届いているのか届いていないのかがわからない方も多いです。
相手の立場に立てず、施術などできませんから。
過去、マスタークラスをやっていて、すべての期においてメールが最初からスムーズな方は極わずかです。
正直ビックリしてしまうのですが。(-_-;)それが現実。
マスタークラスに来ると身の回りの整理整頓ができますから、イイですよ。
あとは言われたことを受け入れるだけの器があるかどうか。
「いや、でも私は」という人ほど、伸びないでしょうから。
一旦、今までの自分は隅においやっておいて頂きたいです。
たった3か月ですから。
なかなか言われることもないでしょうし、今後の活躍のためにもマスタークラスの講義期間を通じて、すべてを整えてしまいましょうね。

第3期のラストも近づいてきました。
始まる前はドキドキ。
終わりが近づくとちょっと切ないでしょう?( ;∀;)
各自、悔いのないラストを迎えましょう。
レジュメの最初の方を今一度チェックし、やっていないことを早く潰すことです。
そこを見て見ぬフリをして過ごしているようでは、大した成果にはなりませんから。
第3期マスターメンバーには、最後の追い込みをかけてもらいたい。

P.S.
どんな施術家で在りたいか。
どんな仕事を成し遂げて生きたいのか。
そのために今している面倒なこと、厳しいこと、嫌なことすべてひっくるめて、今まさに最高の時間を生きていると思わないか。

共感するとは、共苦することである。 【ミゲール・デ・ウナムーノ生の悲劇的感情160頁より】

第3期皆で、あと一歩やり抜いて、ラストを迎えよう。

セミナー情報など配信しています。
お友達登録宜しくお願い致します。
友だち追加

 

 

toru-imizutoru-imizu

関節エステプロフェッショナルアカデミー代表の射水徹です。

関連記事