食に困らぬ有難味と、貧しさと。

日常

人を人たらんとして在る精神だけは、失いたくはない。

今日は香織先生とミーティングの時間が取れました。
現状、4月14日(火)のメディカルエステセミナーは開催の方向で動いております。
ただ、受講証と共にお知らせしている通りです。
封鎖や万が一の体調不良などがあれば、変更もあることはご了承頂きたく思います。
4月14日(火)に受講を決めている方は、7月7日(火)へのスライドは最優先でご案内できます。
4月14日(火)は受講を控えたいという方は、遠慮せずにご連絡下さい。
受講したけど、どうしても7月7日(火)へのスライドができない方は、ご返金対応も致します。
こういう時期ですから、気持ちにモヤモヤは残さないことが大切です。
4月14日(火)ギリギリまで対応しますね。

 

今日は香織先生と世野新で豚カツミーティングでした。
週1は行く世野新です。
私は2007年からですから、長いお付き合いをさせて頂いております。

女将さんからは、「注文は『いつもの』って言ってくれればいいわよ」と言ってもらえております。
私はひとつ気に入ると、基本変えません。
2007年当初は、生姜焼き定食を食べたこともありますが、2008年からAランチ(ロースカツ定食)以外を注文したことがない。
昨年からは2つカキフライを必ずトッピングしております。
時期が終われば、トッピングはコロッケに変わる。
こんな時期ではありますが、お世話になっているお店には変わらず通います。
世野新、遊庵、バガットは私の中でなくなっては困る五反田の3店舗です。
ココイチと魚金と、最近行けておりませんが、ひちりんも。

もう少し世の中が落ち着いたら、前のスタッフや新富町にひっそり佇んでいる小僧も連れて「ひちりん」に行きたい。
早く収束に向かうことを祈っております。

 

いろいろ考えますね。
米やカップラーメンの買い占めなどもあるようです。
昨日奥さんが会社帰りに電車の中で袋にカップラーメンを大量に詰め込んだ方を見たそうだ。

「いやー、あんなこと徹君がやったらほんとヒクわ~。」

「やらないし。俺は30日間不食チャレンジするからいいわ」と。

ガリガリ君になって、患者さんがドン引きして逆に離れる可能性がありますがm(__)m
半分冗談ですが、半分は本気です。
そういう未知なる世界には、常に憧れがある。

「まぁ、ひとまず3日くらい断食しようよ」と話しました。
奥さんは乗り気でね。
最近ちょっと増えてるらしい…(-_-;)…
私的には3日程度は何度も体験済みなので、5日くらいはやりたいです。

そのために、マヌカハニーも既に用意済みです。
奥さんの分と私の分と、先日香織先生にも渡した。

「とりあえず、どんだけ飯なくても、これだけ飲んでりゃ飢え死にはないから。」

食料ないなら、それを逆手に排毒生活しましょう。

 

消毒薬を一斉に散布する映像は、観ていて考えさせられるものがあった。
「いまは仕方がないこと。」
たしかに。
それはわかる。
ただ、それだけで終わりにするのは、どうかとも感じる。
毒を避け続けた結果の今の社会であるという認識も必要に感じます。
なんでもかんでも人間様のご都合でやってきてしまった歴史的経緯を、いま一度省みる機会にしなければならない。

肉体的にも、精神的にも毒を避け続けて、今がある。
ゆえ、今ほど人類が弱化している時代は、過去最強レベルを迎えているのだと感じます。

歴史的背景を遡れば、これだけの弱化は、「食うに困らなくなった」ことに行きつく。
もちろん有り難いことなのです。
ただ、当たり前に食に在りつけることで、食への敬意、有難味を失ってしまったのが、私たち現代人なのだ。

「豚カツ豚カツ書いてる人間が偉そうに」と思われるに違いない。
おっしゃる通りです。

 

「ある意味考えようによっては、1日くらい海ちゃん夏くんに食事の有難味を教えられる良い機会かもしれないよね」と、今日は香織先生と話していた。
もちろん、「やりなさい」など言っておりませんよm(__)m
昔はなにか悪いことをすると、「食事抜き」が最強の罰だったそうだ。
「今日は、飯やらないよ。」
子供たちはそれが最大の恐怖であり、罰だったと。
いまそんなことをしたら、体罰だ、虐待だと、世間は大騒ぎするだろう。
それだけ人間が弱くなったという側面があることは、自覚しておきたい。
また、人間味を失っているのは、はたしてどちらなのだろうか。
肉体もでしょうが、精神が弱化しているのです。
昔は食に対する敬意があった。
有り難いものだった。
今は公園で寝ている人の中にも、糖尿病が増えていると読んだことがある。
そんな飽食の世にあり、さらに買い占めるという行動を、昔の人は今の日本をみてどう感ずるのだろうか。
きっと「貧しくなったな」と思うに違いない。

 

何にせよ、皆さんの無事を本当に祈るばかりです。
私自身も明日は我が身です。
早い収束を祈りつつ、今自分にできることを、最大限にやって今を過ごすこと。
それしかありません。
動物化だけはしたくない。
人を人たらんとして在る精神だけは、失いたくはない。

P.S.
自分の思いを言葉にして伝えることは、なかなか難しいですね。

セミナー情報など配信しています。
お友達登録宜しくお願い致します。
友だち追加

 

 

toru-imizutoru-imizu

関節エステプロフェッショナルアカデミー代表の射水徹です。

関連記事