花谷先生から、絶対負のエネルギーを分けて頂いた。

日常

人間には、「魂を磨く欲」が備わっている。

今日は治療院終了後、花谷先生のオンライン講座を受講しました。
花谷先生のセミナーはストーリーが凄いなといつも感じます。
今、ひとつの映画を観終わったような気分です。
メラビアンの法則的には、「話の内容は7%(外見55%、態度話し方38%)」とのことで、人はほぼ見た眼で判断されているとのこと。
先生はふざけて、「だから今日のセミナーも話の内容は所詮7%」と笑いを取っておりましたが、それでも繰り返しセミナーを受講してきているので、やれている部分も少しは増えて来たなと。
同時に、まったく忘れていることも多々見つかりましたけどもね。
やっぱり何でも繰り返すことですね。

今日のセミナーで、また次回からの治療の楽しみが増えました。
今日は技術セミナーではありませんでしたけども、学ぶことなど大量です。
勉強すると、日常が楽しくなります。
毎日が退屈な人は、ただの勉強不足です。
私は旅行欲も特にありませんし、連休が欲しいとかそういう気持ちもゼロです。
これは開業前から変わらずです。
この業界に飛び込んでからだと思います(学生の頃は、「大人になったら夏休みがなくなるのか…と絶望したことがありましたけど(笑)」)。

勉強すれば、人生は楽しい。
なんで勉強をするのかと言えば、やはり精神修養です。
魂を磨きたいのです。
人間には誰もに、「魂を磨く欲」が備わっている。
3大欲求など、所詮は肉体の話です。
魂には、精神修養です。
3大欲求と比べる対象にもならない。
目に見えないことだから、解りにくいのかもしれません。
目に見えぬウイルスに恐れ慄きビクビク生きるのは、肉体を大事にし過ぎる病に侵されているからです。
健康病というのは、言い換えれば、「魂がやられている」のです。
勉強はその魂を磨いている。
私はそう確信している。
だから毎日テレビで300人感染したとかどうでも良い情報をチェックしている暇があるなら、魂を使い切って生き抜いた人の本を読んだ方が良いと本気で思っている。
頭山満や山岡鉄舟だったら、現代の同じ日本人の精神のヤラレップリを見て、なんて言うだろう。
きっと「この腰抜けどもが。そのまま家にすっこんでろ」とか余裕で公然と発し、大バッシングを受けながらも本人は意に介さず自分のすべきことに邁進するだろうな。
カッコイイ人の魂に、少しでも近づきたい。

今日も花谷先生から絶対負のエネルギーを分けて頂いた。
そう思っている。
また私の生命が躍動する。

 

明日は午後から五反田で、花谷先生のバランススタイルセミナーの練習会です。
第3回目です。
明日は、練習後に皆で飲みたいなぁ(笑)
まずはしっかりやり切ってからだね。

P.S.
しかし、「『自粛しろ自粛しろ』と言っているお前は、ずっと仕事しているだろう。ズルイじゃないか。まずはお前が率先して休め」と思う。
国会だっていつもくだらないことをダラダラと、オッサンだらけ密でやっていたじゃないか。
それでも誰も罹ってないのだろ?知らんけど。
国民に休め休めと簡単に言うが、まずはお前らが休めと言いたい。
休ませ、バラマキ、お陰で誰もが仕事したくなくなった。
今まで以上に仕事したくない人で溢れている。
有志は、自分が黙ってやり続ける以外に、今の日本が良くなる方法はない。
人に言ったって無駄なこと。
黙って、自分のすべきことをやり切るのみ。
命を使い切って死ぬなり。

セミナー情報など配信しています。
お友達登録宜しくお願い致します。
友だち追加

 

 

toru-imizutoru-imizu

関節エステプロフェッショナルアカデミー代表の射水徹です。

関連記事