10年スパンで、始めよう。

アカデミー日記

大きな努力で、小さな成果を、積み重ねよう。

「ギックリ腰になりました。」
そんな電話からスタートし、珍しく、まぁまぁ治療の1日となりました。
「先生、今日の夜もう一度来てもいいですか?」
朝の治療後、まだ痛そうでしたが、「ずいぶん楽です」と言って、車で江戸川まで帰りました。
で、夜また、車で2回目の治療にいらっしゃった。
明日の朝も予約を入れて帰られました。

誰もが皆、不安なのだ。

葛藤しながら毎日を過ごしているのです。
痛みも出ますよ。
どこにでも。
痛みは縦横無尽です。
抑圧は強烈な痛みとして解放されます。
コロナが一旦落ち着く頃、急性の痛みが増えるだろうと感じますね。

 

「みんな外出すぎよ!」と言う常連さんも。
5月もリモートワーク確定とのことです。
今ですでに2か月自宅勤務中だそうです。

「私、週に1回ここに来る以外本当に外に出てないから。」
なんて嬉しい言葉なんだ。( ;∀;)ありがたや~
「うれしいけど、本当に大変だね~。」

「1日誰とも話さないから。旦那ともまったく話さないし。先生は良いわよね。いろいろな方と話ができて。」
たしかに、1日誰とも話さない日はない。
今は一言も話さず、一日が終わる人も多いのかもしれません。

治療院やエステサロンでは、「唯一の会話が私と」というケースは多いでしょう。
そのことを、常に思っていないとな。
今日も笑顔で帰られた。
その方にとって良い時間であったなら、これ以上のことはありません。

 

今朝もベランダ掃除からスタートでした。
ベランダ掃除は今日で4回目です。
かなり慣れました。
最初は本当に真っ黒でした。
今日はバケツ1杯の水で、十分綺麗にできるまでになった。
それでもまだまだ、足りない部分は見つかるものですね。
毎日数分ですが、継続します。
明日は香織先生がちょっと顔を出してくれるそうなので、ベランダ自慢します。

今回のベランダ掃除のきっかけは、鍵山先生の本を読んだことです。
鍵山先生は、「仕事は後でいいから掃除しろ」と書いております。
ただし、その徹底っぷりは、簡単に真似できるレベルのものではありません。
読んでいて気付いたことは、「コトのスパンが10年単位」だということ。
最初は誰にも相手にされませんが、10年も続けていれば感化される者が数名出てくると。
そのような趣のことが何度も書かれておりました。
今はちょっとやって成果が出ないと、すぐにやめてしまう人が多いです。

小さな努力で成功したい。
楽してかんたんに成功したい。

今はほとんどこっちでしょうから。
本のタイトルの、「大きな努力で小さな成果を」とは、まさに鍵山先生の人生哲学そのものだと感じます。

というわけで、トイレ掃除のみならず、小さくもベランダ掃除も継続していきます。
西五反田1丁目交差点を見ながら、ベランダで飲み会したいな(笑)イスおいて。
定員2名ですがm(__)m

朝、カフェに寄らない生活にも慣れました。
コロナを機に、コーヒータイムが掃除の時間に変わりました。
いい習慣ができました。

P.S.
実は少し慌ててブログを書いている。
つい先ほど、友達がLINE飲みに誘ってくれたのだ。
丁度、奥さんが21時半からオンライン飲みを家でするそうでして。
「帰るの嫌だなぁ」と思っていたのであります。(^^ゞ
23時ぐらいまでは帰る気がなかったので、ベストタイミングでのお誘いでした。
こういう時、治療院という場は、本当に有り難い。
もうひとつ家があるようなものだからm(__)m
ちなみに当院は本当に居心地が良い。
電気も一部消すとbarみたくなりますしね。

セミナー情報など配信しています。
お友達登録宜しくお願い致します。
友だち追加

 

 

toru-imizutoru-imizu

関節エステプロフェッショナルアカデミー代表の射水徹です。

関連記事