関節エステ勉強会レジュメ9割9分9厘完成です。

アカデミー日記

ストーリーを学ぼう。

7月の関節エステ勉強会は、今までで一番難しいです。
レジュメはいつもよりも少ないです。
やることはシンプルですが、細かいです。
ただ、一瞬で変化を出しますし、今までのセミナーで触れていないことにも触れます。
マスターメンバーにとってはよい時間になりますよ。
初受講の方は、「そんなの全然知らなかった」のオンパレードかもしれませんが、これを機に勉強しましょう。
マスターメンバーは、帰ってから今までのレジュメを開き、どのように生かそうかを今一度振り返るのも良いですよ。(^_-)-☆
9割9分9厘完成しております。
明日の午前中、髪を切りに行く前に、あと1厘だけ仕上げます。

 

午後からは飲みながらK-1を観ます。
私よりも、いまや奥さんの方が格闘技に興味を持っています。
ストーリーを語り、過去の試合も観せるという「手厚い洗脳」により、好きになってしまいました。
ゆえ、バキも読んでますm(__)m
現在は、バキシリーズ「範馬刃牙」の、「親子喧嘩」の所を読んでいるようです。

格闘技にはストーリーがあります。
新しいところでは、桜庭VSホイス、ヒョードルVSミルコを超えるストーリーは、私の中ではなかなかないのですが、まだそこまで遡れてはいません。
ミルコがPRIDEのテーマ曲でUFCへ乗り込んだ時は熱いものがありました。
あと2年、実現が早かったらなと。
いい試合はたくさんありますが、その試合に辿り着くまでのストーリーが好きなのです。

格闘技は、「その二人」が戦うに至るまでのストーリーが、すべてです。
結果よりも、辿り着くまでのストーリーに、ロマンがあります。
試合結果は「結果」であり、その結果に至るまでに、感慨がある。
刃牙なら、勇次郎に不味いコーヒーを飲ませるまでのストーリーがある。
プロセスに魅かれます。

関節エステ勉強会も同じです。
当日の内容には、ストーリーがあります。
セミナー内でのストーリーはもちろん。
過去のセミナーを受講している方々にとっては、過去のセミナーからのストーリーがあります。
すべて、繋がるように作っています。
気付けないのは、もったいないですよ。
自分でストーリーを生み出して行ってほしいです。
マスターメンバーなら、できるハズですよ。

関節エステ勉強会だけを受講している方も、すべて繋がります。
お客様に感動を届けるには、充分の内容です。
うまく活用する方法まで、7月2日(火)は伝えますね。

P.S.
ストーリーを楽しんで頂けるよう、明日は1厘+αを練ります。

セミナー情報など配信しています。
お友達登録宜しくお願い致します。
友だち追加

 

 

toru-imizutoru-imizu

関節エステプロフェッショナルアカデミー代表の射水徹です。

関連記事