膝下O脚矯正セミナーのレジュメが8割完成です。

アカデミー日記

気軽さがメリットであり、デメリットでもある

動画編集に終わりが見えてきましたー( ;∀;)
あとは、テロップを入れるのみ。
明日にはアップできるだろう( ;∀;)きっと
今朝も早起きしてやり、17時から今まで編集作業に追われました。
死ぬ。
次の動画は3分ぐらいで、軽く行きたい。
現在作っているものは、10分弱になりました。
前回の動画で言っていたものとは、内容が離れてしまいましたが、それはまた次か、その次かくらいにもってきます。
いくらでもあります(たぶん)。
脱線した話もどんどんしていきたいです。
実際、私自身、セミナーでは講師の脱線話が好きです。
脱線がそのまま院で生きることも多々あります。
というわけで、今後も脱線しまくろうと思います。

セミナーレジュメも8割完成です。
明日にもう一歩つめて終了です。
オンラインセミナーレジュメは、リアルよりはサクッとシンプルです。
あまりすべてを書き切りません。
オンライン受講はあまり余裕を持ち過ぎない方が良いと考えているからです。

今後、オンラインセミナーとリアルセミナーには、その価値に圧倒的な差が出て来るでしょう。
それは当アカデミーのみならず、多くのセミナーがそうなっていくように感じます。
時代がこうなった以上、リアルセミナーの価値が今まで以上に高まった。
別にオンラインセミナーの手を抜くということではございません。
そもそも、そんな余裕を持ってオンラインセミナーは開催できませんし、むしろリアルセミナーよりも気を遣う部分が増えますから。
YouTubeにしても、一本アップすることがどれだけ大変なことか、身に沁みて感じております。
でも手抜きはしないし、手抜きではとてもアップなどできません。
その都度その都度、全力でやるしか方法がありません。

この先関節エステは、YouTubeの無料コンテンツやオンラインセミナーの充実を図ることはもちろんですが、その分、リアルセミナーの価値が今まで以上に「爆上がり」することは間違いありません。
私自身、現在受講している大型セミナーをリアル参加していますが、やはりZOOM参加とは浴びる熱量や体感覚的に得られるコトは別世界であると感じております。
リアルとオンラインとで選べるならば、私だったら可能な限りリアル受講をしたいと考えます。
先日、たまたま奥さんが同じことを言っていた。
もちろん、どちらでも同じ話が聴けるわけですが、それでも同じではないと断言できます。
電子書籍と書物の違いと同じです。
電子書籍は情報として与えられてしまう。
要は受信。
書物は自ら掴みに行かねばならないという点で別物なのです。
リアルは自ら情報を取りに行く。
オンラインはやはりオンラインだけに、「受信」的要素が大きいと感じます。
たしかにオンラインは便利だし、気軽さもメリットですが、だからこそ、リアルには圧倒的に敵わないと感じております。
気軽さがメリットであり、デメリットでもある。
やはりセミナーは、気軽でないから良いとも言えるのです。
そう思って臨むだけで、オンライン受講の質が高まるハズです(^_-)-☆

 

というわけで、オンラインセミナー当日まで、しっかりと準備しますね。
オンラインですが、自ら掴み取りにくる勢いを、画面越しからこちらに届けて下さい(^_-)-☆
こちらも、YouTube始動後、初セミナーですので、全開で臨みます(^_-)-☆

P.S.
帰って鍋食べて、もうひと編集行けるかな。
今できることを、たんたんと。

セミナー情報など配信しています。
お友達登録宜しくお願い致します。
友だち追加

 

 

toru-imizutoru-imizu

関節エステプロフェッショナルアカデミー代表の射水徹です。

関連記事