人間精神の崩壊を感じた今朝。

アカデミー日記

武士が最もしてはいけない生命力を落とす作業が、取り越し苦労。

第4期マスタークラスの最終日が迫ってきました。
本来なら、3月末で終わっていたハズですが、延びに延びてようやく来週で一旦終了です。
ようやく、修了証書もお渡しできます。
今回、残念ですが修了パーティーは中止としました。
マスターメンバーは、皆さん遠くから来られるのでご家族のこともありますし、念には念を。
やっぱり地方の人たちから見れば、東京に来るだけでも「本当に行くの?」状態ですから。
その代わり、9月にもうワン講義、特別セミナーを設けます。
間が空き過ぎてしまったので、もう1回追加講義をしたいと思う。
その間で、今一度、今後を作る時間にしましょう。

今年は年末の合同マスターも開催できるか解りません。
だから第4期、1回追加日程組みますから、完全にやり切った状態で終えましょうね。
間が空き過ぎてしまったことには、本当に申し訳ない気持ちがあります。
やっぱり毎月やって、緊張感の中を一気に乗り切るスタイルの方が、吸収も早いでしょうからね。
そんな中でもやる人はやっています。
第4期のメンバーとは別セミナーでも会えましたしね(^_-)-☆

 

この第4期を持って、今までのマスタークラスは終了です。
2021年の第5期マスタークラスからは、今まで以上に仕上げていきます。
内容、精度ともに、改革です。
もちろん、第4期までの方々が得するようにもします(^_-)-☆そこは心配いらないよ。
マスタークラスはやった気になっていたけど、まだまだやれることが大量にあることを花谷先生のバランススタイルセミナーを受講して感じております。
2021年、もっと凄いマスタークラスにします。

日曜日に、奥さんの知人と最初の打ち合わせがあります。
セミナー動画を撮る仕事をされている方です。
アカデミーに来て頂き、今後のZOOMセミナーのことや、動画撮影のことなど、今考えていることを相談させて頂きます。

昨日はいつもお世話になっているエージェントさんが、うちの奥さんとミーティングしたようです。
奥さんの勤めている会社が、健康経営のはしりと言いますか、かなり力を入れている企業で、その件で。
いろんなことが、同時多発的に進んで行けば良いなぁと思います。

花谷先生のブログにあった「問」を考えてみると、悪いことばかりでないことに気づきます。
2020年を飛躍のきっかけとなる年にしよう。
それだって良くないですか?

コロナ?

今は世の9割が、気持ちで負けている。
今朝、久し振りに電車通勤しましたが、これまたタイミングよく咳き込む女性がいたわけ。
そしたら、周囲の人、ほぼ皆その人のことをあきれ顔で見ているわけ。
俺は思ったよ。
「日本も終わったな」って。
自分だって咳くらいする癖に、「こんな時に咳するな」くらいにガンつけてるわけ。
文明の崩壊を感じました。
大げさでなく、本当に。
自分さえ良きゃいいんだよ。
自分さえ助かりゃいいんだよ。
終わってるよ。

そんなものに負けているようでは、明日はないな。
ガンつけてるような奴に明日はない。
落ち込んでいる人は何を言っても落ち込んでいます。
しょうがないですよね。
私は良くも悪くも本当にTVを見ないから、毎日通っている方からの情報で生きている。
「300人近いですね」と言われても、「あ、そうなんですね!ヤバですねー」くらいなもので。
だいたいTVに出る専門家だって、「大丈夫ですよ」なんてツマラナイことを言う専門家を呼ぶわけがない。

「ヤバイですよ!ヤバいですよ!!ヤバ過ぎますよ!!!」

そう言える専門家しかTVに出るハズがないじゃないですか。
毎日そんな「ヤバイですよ」を聴いているのですから、9割が負けるのは当たり前と言えば当たり前です。

俺も、香織先生も、板倉先生も、奥さんも、コロナは「きっかけ」と考えています。
これを機に、次へ行こう。
どうにもならないことを悩むことほど、無駄はありません。
感染するか、しないか。
そんなのは、解りません。
自分が持っているかもしれない。
うつすかもしれない。
それだって、解らないこと。
解らないことをひたすら悩むことを、「取り越し苦労」と言う。
昔、武士が最もしてはいけない生命力を落とす作業が、「取り越し苦労」と言われております。

それでも考え続けるか?

好きにすれば良い。

P.S.
4月上旬にメディカルセミナー受講生に送った限定レポート覚えていますか?
今こそ読み返して頂きたい。
明日のブログは、まんまコピペをブログにします。

皆に幸あれ。

セミナー情報など配信しています。
お友達登録宜しくお願い致します。
友だち追加

 

 

toru-imizutoru-imizu

関節エステプロフェッショナルアカデミー代表の射水徹です。

関連記事