ハガキの1枚くらい、出しません?

アカデミー日記

今日、足を運んでくれた方に、どんな気持ちを届けますか?

私の治療院は、GWは時短営業中です。
日曜、火曜はいつも通りお休みです。
あとは9時~15時までです。
予約も通常よりも余裕を持ってとっております。
新規は基本、お断りしております。

今朝、当院に通っている方からメッセージを頂きました。

御礼のお葉書ありがとうございます!
こんな時期にいただくと、嬉しさ倍増です。

短いこの2行が、嬉しい。

すごく、嬉しい。

狙ってやっているわけではありません。
もうハガキは習慣です。
開業以来13年間の習慣です。
もちろん足を運んでくれた方全員には書けません。

でも、この時期に足を運んでくれることの意味が解りますか?

 

ここは現状、難しいところではあるのですが。
実際、治療院よりもエステサロンの方が、世間の目は厳しいですよね。
自粛要請が出ている。
治療院は特に出てはおりません。
4月頭に緊急事態宣言が出た時、都に問い合わせました。
「控えては欲しいけど、お任せします」が都の答えでした。
この回答って、現状エステだって、本当のところは同じなのです。
「自粛」って、「出るな」「やるな」ではありませんから。
「自分できちんと考えて行動してください」という要請です。
だって、治療院もエステも、やっているコトの状況的には、大して変わらないじゃないですか。

要は濃厚接触ではありますよね。
どうしたってそういう仕事です。

でもね。
そういう状況でも、必要と感じている方々も、たくさんいるのです。
当院に通う大塚さんは、週に1~2回通っております。
コロナ前とまったく変わりません。

必要と感じている人は多いのですよ。
これは治療院に限りません。
エステだって、今必要な人にとっては、「今」必要なのです。

人によって価値観がまったく違うのです。

そういうことすべて含め、その方にとっては治療院やエステサロンが特別な場所であり、特別な環境、状況であり、足を運んでくれているのですよ。

ハガキの1枚くらい出しません?
ふつう。

こう書くとエステティシャンの半数は、売り込みのハガキを書きますけど、そんなものは迷惑以外ないですよ。
本当にお客様を思うなら、売り込んでいる場合じゃないでしょうに。

 

「こんな状況の中、足を運んでくれてありがとうございます。」

 

それ以外に、何を書く必要があるのだろうか。

 

商品の良さではなく、己の情熱を伝えよ。
己の感ずる感謝を伝えよ。

「これはイイ商品ですよ!」

イヤイヤイヤ。
どんなに商品が良くてもね。
そもそも、なぜこの仕事をしていますか?
商品を売りたいの?

 

これが実際の人の気持ちですよ。
そんなことは、誰だってわかっているのに、自分のコトとなると、平気で見失う。

 

今日、足を運んでくれた方に、どんな気持ちを届けますか?

 

P.S.
なぜハガキで売り込むのか。
・〇〇日以内に来れば割引
・商品押し
・〇〇分サービス
・お身体の調子はいかがですか?

これらすべて、反サービスです。

って、ドングリ坊やが20年後くらいに声高らかに叫ぶらしいからよろしく。


【今や「抑えの切り札」角盈男(すみみつお)状態のドングリ坊こと夏氏。連日の連投、オツカレ。】

セミナー情報など配信しています。
お友達登録宜しくお願い致します。
友だち追加

 

 

toru-imizutoru-imizu

関節エステプロフェッショナルアカデミー代表の射水徹です。

関連記事