すべて自分が選んで生きてきた。宿命を受け入れ、運命に立ち向かう。

アカデミー日記

苦悩は生きている証である。

身近な方から開業宣言がありました。

一時の興奮ならやめておきなよ。
ご家族の理解はあるのかな。
運気は大丈夫かな。

すでに運気は見ていたようです。
2年以内ならば、すべてクリアします。

今後に向けて伝えたことは、2つだけ。

今の職場を悪く言うのは金輪際止めなよ。
辞め際に不義理はしてはいけないよ。

こんなことを書いたらアレですが、「うまくいく、うまくいかない」は二の次で。
いっそ開業して社会の厳しさに直面し、まったく歯が立たずに大失敗で終わりましたでも(もちろんうまくいって欲しいけど)よいと思うのです。
それも最高の人生です。

「そうか、ただやるだけではダメなのか。」

それがわかってから、彼の世へ旅立つ方が良いに決まっている。
その跳躍が、来世に生きる。

「私はやればできるのだ。」

一番残念な言葉です。
やらない人は自分に可能性を残す。
誤魔化して生きるよりも、一寸先の闇に飛び込み、撃沈する方がよっぽど素敵だ。
「やりますやります」言ってやらずに終わるより、やり切って見事に散り、周囲から「ホラ見た事か」と後ろ指をさされ笑われる人生の方が良いに決まっている。
少なくとも俺は味方でいるよ。
一緒に泣いて、笑ってあげる。

「いや~、君無一文になって最高じゃないか。家族からも見捨てられたか遂に。失うものゼロだ。そうかそうか朝まで飲もう」と、笑って酒を奢ってあげるよ。

人生なんてやることなすこと、ほぼほぼ失敗なのだ。
逃げ道を自分で消して、始めれば良いと思うよ。
逃げ道は作ろうと思えば、いくらでもあるからね。
いくらでも自分で作れちゃう。
だからこそ、退路を断つことに意味がある。

男の発想ではあるのかもしれないけども、そんなチャレンジャーが好きだ。
頭のいい正論ばかりの奴は、大嫌いだ。
エビデンス馬鹿は頭がいいかもしれないが、冷めてる面が嫌いだ。

大失敗したってイイじゃないか。

家族の応援など、本当はなくてもやる人はやってしまう。
事後報告で、「始めちゃったよ」で本当は良いのだ。
(私自身のことなら良いけど、人のこととなるとですねm(__)m)
だからこそ、理解があるならば、それだけでも有り難いですよ。

 

不幸になってもいい。
むしろ、不幸になりたい。

 

「不幸になりたいで、丁度良い。」

執行草舟氏が教えてくれた言葉です。
現代はそれくらい幸福病に侵されていると。
ちなみに、私ごとで恥そのものなのですが。
私は2014年に頭が真っ白になり、なにを答えればいいか解らずお世話になっている方々を前に、「幸せになりたいです」と言ったことがある。
「射水、どうなりたい?」
「幸せになりたいです。」
今では本当に生き恥だと思っている。
はじめて書いたけれども。
今まで書けませんでした。
本当に思い出すだけで情けない。

 

自分の立てた誓いに体当たりし、おもいっきり散るのは幸せなことなのです。
結果論として。
周囲は関係ない。

家族が。
恋人が。
友達が。
会社が。
上司が。

できない理由に使われる人はどんな気持ちだろうか。
たまったもんじゃないだろう。
すべてにおいて、「自分が」なのだ。
本当は。

誤魔化すのは、もう終わりにしよう。

今の職場も、自分が選んで働かせて頂いているのだ。
被害者面はやめること。

「コキ使われて。」

そこを選んだのは自分だ。
それを臨んだのも自分だ。
開業して誰も来ない時、「来てくれないあの人が悪い」と言わないだろう。

開業にあたりお客様を引っ張ろうなど考えないこと。
お客様に自分の開業を伝えたいのなら、きちんとオーナーさんに事前に確認を取ること。
オーナーがNOなら、絶対にしないことだ。
ご縁のある方ならば、それでもまた出会う。
オールゼロからスタートする運命を受け入れれば良いのだ。

 

正直嬉しいです。
そういう思いが芽生えているだけでも、3年前とは別人です。
きっとこの3年で出会って来た方々ひとりひとりから、感化を受けたのだと思う。
感化は与えようと思って与えられるものではない。
各々が自分の道を貫き、たまたま伝わることがあるに過ぎないものなのだ。

「私も開業したい。」

関わる方々から、きっと何かを受け取ってきたからそう思うのだ。

子供に「勉強しなさい」と言う前に、自分が子供の前で勉強をしていれば良い。
その姿から勝手に受けとる子もいれば、まったく受け取らない子もいるだけのこと。
感化とはそういうこと。

 

開業するもしないも自由です。
やったから偉いわけでもない。
やる人はとっくにやっています。
勤めることで、最高の人生を歩んでいる人もたくさんいます。
どっちが良い悪いではないのです。
自分が、決めることです。
自分で決めた道を、正解にするのも自分なのです。
どちらを選んでも正解にするには苦悩が付きまといます。
苦悩がない人は死にながら生きているのと同じです。
ウォーキング・デッドのウォーカー(ゾンビ)です。
どっちに行っても、宿命として授かった生を全うして彼の世へ行こう。

P.S.
今日の香織先生とのココイチミーティングでの話でした。

【今日は、フライドポテト付で。】
前のめりに突っ込むが善い。

セミナー情報など配信しています。
お友達登録宜しくお願い致します。
友だち追加

 

 

toru-imizutoru-imizu

関節エステプロフェッショナルアカデミー代表の射水徹です。

関連記事