【関節エステ勉強会2019は、満席間近です。】勉強は、自らの可能性を信じている人だけに与えられた、特権だ。

関節エステ勉強会2019は、4月、7月ともにあと1名ずつで満席です。

関節エステ勉強会2019は、8名MAXでの開催です。
内7名は「全8講一括申し込み」でした。
月末の「はじめての関節エステ」セミナーでお知らせしようとしていましたが、2日でほぼ満席です。
期待に応える内容にしますね。

  • 4月9日(火)の午前は③肘関節編、午後は④膝関節編です。
  • 7月2日(火)の午前は⑤手関節編、午後は⑥足関節編です。

午前だけ、午後だけの受講もできますので、③④⑤⑥に1名ずつ、空きがあります。
それ以外は、すべてキャンセル待ちとなります。
関節エステ勉強会の詳細はこちらから→【https://toru-imizu.com/course/joint-esthe-benkyoukai/
申し込みフォーム→【https://toru-imizu.com/yousei-kouza/youseikouza-form/

 

勉強は、自らの可能性を信じている人だけに与えられた、特権です。

当アカデミーに来るエステティシャンには、活躍してもらいたいです。
彼女たちならこの先なんでもできると信じています。
指名を増やしたいなら増やせます。
紹介を増やしたいなら増やせます。
独立したいなら独立できるし、お家サロンから店舗サロンに移りたいならそれもできます。
講師になりたいなら講師にもなれます。
今抱えている不満を解消するすべは、いくらでもあるのです。
何故なら、似たような境遇のもと、自分の望みを叶えている人は100%いるからです。

「私にはまだ無理ですよ」、「私覚え悪いから」という各々の勝手な線引きも、勉強することで剥がれ落ちて行きます。
勝手な思考の汚れを剥がしていくには、勉強する以外に方法は皆無です。
あとは周囲にどんな人がいるかも大切です。
その人たちとどんな言葉を使って過ごしているかは、あまりにも影響が大きいです。
それだって結局のところ、勉強する人は勉強する人としか出会えない。
もし現状、尊敬できる人が近くにいなくても、本はあります。
「無理」「できない」が口癖の人に、本を読む人はひとりもいません。
本を読むことが当たり前の人からは、出ない言葉なのです。

あなたはなんで、勉強するのでしょうか。

皆さんはいま、何で勉強していますか?

私が勉強を続けてきた理由は、もっと勉強したいからです。
単純に面白くて続けています。
知らないことやわからないことが、毎日増え続けています。
それが勉強の楽しいところです。
毎年セミナーに出るのも、本を読むのも、月末の電話コンサルも、もっと勉強したいからしていることです。
経験上、勉強したことで稼げるようになります。
その稼いだお金でまた勉強したいから、勉強しています。

ある人に「売上を倍にしたくない?」と問うと、「そういうのは特に考えていません」との答えでした。
倍勉強できるのになんて勿体ないのだろうと、返す言葉がありませんでした。
今後の夢を語ってくれましたが、勉強しないとできないことばかりです。
売上が倍になったからといって、夢が叶うのではありません。
その夢が叶っている頃には、勝手に売上が3倍以上になっているだろうな、という話です。
夢を叶えるには、勉強するからです。

大抵の人は、今のままで夢を叶えたいから叶わないのです。
大抵の人は、ひと手間なしに目標達成を願うから、達成しないのです。

今、私も香織先生もワクワクしながら夢を語っています。
「なんか俺たちイケそうな気がしない?」とワクワク勘違いしています。
先日も飲みながら、まだ何もできていない先の話をワクワクしながら語りました。
今日もひとつ、始めた直後に壁にぶつかりましたが、次なる策を練り、アクションをかけています。

目標があるなら、勉強しよう。
夢を掴むなら、勉強しよう。
あとは、日々カメの歩みでも、行動しよう。
毎日少しだけ、歩を進めよう。
勉強しているという感覚がなくなる頃に、少々違う景色が観えてくるハズです。

P.S.
第2期美脚マスタークラスのメンバーは、みんな勉強する人同士が出会ったということですね。

勉強する人同士のご縁を大切に。
誰かがうまく行ったら、一緒に喜ぼう。
誰かがうまく行かぬのなら、見守ろう。
きっと観える景色が変わっていくから。

関連記事

  1. 「そこの君!そもそも自信、あったのかい?」

  2. 【もうすぐ美脚マスタークラスDay3】やり切って、来年を迎え…

  3. お得意さまに、通信を贈ろう。

  4. 愛情は、文字から伝わる。

  5. 【マスタークラスの準備も佳境です。】優しい言葉が、「親切」と…

  6. 【美脚マスターメンバーへのアフター講義】悪気のない危うさに、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA