【小力3】凡事徹底とは、自分との約束を守り続けること。

凡事徹底とは、自分との約束を守り続けること。

4日から治療院を開けて1週間が経ちました。
今年から朝の行動ルールを変えて、実行しております。
とにかくこの1年は(というかこの先治療院を続ける限りずっとですが、まずは1年!)、営業日の朝に必ずやると決めたことがあります。
たった1週間とは言え、やった後は気持ちがイイ。
坦々と、継続あるのみです。

ただ、あなたにだけ届いて欲しい。

「どうすれば売上が上がりますか?」と質問を頂きました。
自分がやると決めたことを徹底してやり切ることです。
人によっては、「は?」と思うでしょう。
そういう人は、「施術さえうまくなれば、お客様に価値を感じて頂けて、高単価施術ができる」と勘違いしているのです。
間違いではありませんが、大間違いです。
お客様にとって施術なんてできて当たり前ですし、「うまくなくてどうなのよ」って話だからです。
だって皆さんちゃんと施術をしてお客様に喜んでもらってるわけですからね(ですよね?(-“-))。

うまく行かない人は、アレコレ理由をつけて自分でやると決めたことをやりません。
自分との約束を、かんたんに破ってしまうのです。
「まぁ、今日は○○記念日からいいか~」って。
そういう人は言います。
「そんな自分が嫌いです」と。

「そんな自分が嫌い」と言うけれど、本当は「自分はイケてる人」だと思っている。
「私はちゃんとやれる人なのに」と思っているから「そんな自分が嫌い」なのです。
ちゃんとやれる人なんて、本当に天才だと思います。
あなたは天才じゃないでしょ?( ;∀;)絶対に。
だから、「そんな自分が嫌い」って、傲慢なんだよね。

「本当の自分はこんなもんじゃない。」
「私はやれば、本当はできる。」

裏を反せばそう言っている。
だから、いつまでも燻っているのです。

逆ですよ。
ポンコツな自分を受け入れた時、うまく行くための歯車が噛み合い、まわり始める。
「本当は本当にポンコツなんだから、そのポンコツさを真摯に受けとめよう」ということです。
あなたのポンコツさを責める人は、誰もいないのです。
「私はポンコツです」と受け入れた時、はじめて生が躍動に向かいます。

だって僕はポンコツだから。

ただある時そのポンコツさを受け入れた。
受け入れざるを得なかったのですが。
有り難いことに、僕のポンコツさを見守ってくれる人たちがいた。
「ポンコツスタート」で良いと思ったし、「ポンコツスタート」と決めた。
そしたら少しだけ、人生を愉しめるようになったのです。

人とカフェでお茶する約束は守るのでしょうが、自分のこととなると簡単に裏切る。
カフェなんてどうでも良いから、自分との約束を守り続ければイイのに。

最初は「やります!」と誰もが言います。
誰でも1回はやるのです。

 

「凡事徹底」とは、「当たり前のことをやること」ではありません。
当たり前のことを、「他人がひいちゃうくらい」当たり前にやり続けることなのです。

P.S.
今日のブログでLINE@登録者が1人は減りますね。
2人減ったら、私の勝ちです( ;∀;)

P.S.2
小力率高い?
キレてないから(笑)

ただ、あなたにだけ届いて欲しい、響け、恋の歌(by MON8)

セミナー情報など配信しています。
お友達登録宜しくお願い致します。
友だち追加

 

 

 

関連記事

  1. 関節エステは、エステの可能性を高めたい方とだけ、ご縁がある。…

  2. 【第2期美脚マスタークラスの補講開催】「できない」人が、一番…

  3. 器用な人より、毎日続ける人が、上手くなる。

  4. 感謝は軽い。恩は重い。

  5. 新年あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い申し上…

  6. 受講生から学べる受講生が、伸びる。