「2周目の冬号をお届けできました。」受講生から嬉しいメッセージが届きました。

アカデミー日記

有り難さを心に刻み、継続あるのみ。

マスターメンバーからメッセージが届きました。
嬉しいので一部ですが紹介です。

 

射水先生こんばんわ。
〇〇です。

一人感動していることを書きたくてLINEしました。

マスター受講してから始めた「ニュースレター」
無事2周目に入りました~(涙)

「3ヶ月に1回出す!」
と決めたニュースレター。

送付し終わると、すごくスッキリ。
でも、次のターンがすぐやってきて気持ち重。。。
予定より遅れていると、更に重。。。

そんなことを繰り返しながらも、2周目の冬号をお届けできました。

一人感動してます。

とにかく来年も自分のペースで確実に前に進んでいきます。

 

ニュースレターは、始めた人にしかわからない感動がたくさんあります。
1,2回やっただけではわからない世界があるのです。
1回は誰でもやれますが、年に4回決まった時期に届け続ける人はほぼ皆無の世界です。
だから良い。
私も作成と配送が遅れることはあります。
過去、酷いと1か月以上遅れてしまったこともあります。
それでも出す。
決めたのだから出し続ける。
続けられない人はリターンを求め過ぎるのです。

「やってみたけど、特に反応がなかったからやーめた。」

目先の発想しかないから続かないのです。
せっかく、「反応がなかったという反応」を得られたのです。
少しずつ改良を重ねて行けば良いのにね。
おそらく、メッセージをくれた方もすでに1年前とはニュースレターを書く感覚が変わっております。
ご本人に自覚は無いかもしれませんが、すでに別物なのです。

今は代行業者もありますが、それで情熱が伝わることはありません。

「何を書けば良いかわからない。」

それを自分で考えるから良いのです。
何でも楽して済まそうとする根性が気に入らない。
そもそもカッコ悪い。
生みの苦悩を飛ばして伝わるものなど大したことないのです。
最初は真似からでも、継続していくと自分の言葉が出てきます。
言葉に力が宿らないのは、活字に触れていないことと、自分で文字を書かない、打たないからです。
年に4回が前提となると、日々掲載することを探すことになります。
ブログも同様。
今日は何を書こうかと、朝から考え続けることになります。

 

メッセージにあるように、送付し終わった時の達成感は継続している人にしかわからない。
「今回も自分の思いをすべて書いた。」
ただそれだけで満足です。
反応など1ミリも期待しては駄目です。
出し尽くすのみ。
送付が終わった時の達成感は本当に最高だよね(^_-)-☆

時には、「もう送らないでください」と連絡を頂くこともあります。
そういう悲しみもすべて引き受けて送るから良いのです。

「郵送して怒られたらどうするのですか?」

よく聞かれることですが、怒られて下さい。
施術と同じで「いいとこどり」しようとしている人は結局何も得られません。
柱がない。
腸内細菌も悪玉が2割程度いるからこそ、善玉が活発に動けるのです。
善は悪があってこそ。
悪は必要悪であり、実は柱でもあるのです。
辛いことを受け容れるから、喜びがひとしお大きいのと同じです。
「いいとこどり」している内は一生解らない。
怒られることで、何も言わずに受け取ってくれる方々の有り難さが身に沁みます。
そのことを心に刻み込み、次回も続けるのです。

ただそれだけです。

 

初めて作ったニュースレターが出てきました。

開業してすぐに出した通信です。
2007年ですね。
ツッコミどころ満載の第1号通信ですが、当時はこれがいっぱいいっぱいでした。
たったこれだけに何日かけただろうか。
一生懸命さだけは、伝わったかもしれない。
無理やり文字を詰め込んだ感じですね。
写真の入れ方も解らず、文字を打つのも遅くて大変でした。

「このまま続ければ、2014年に出会う香織さんって人から2020年に、『先生ほどwordを使いこなす人は見たことがない』くらいの勢いで褒められるから続けなさい。」

当時の自分にアドバイスをするとしたら、こんな感じです。

3月、6月、9月、12月は、通信を送る月です。
皆さんもありったけの情熱を届けてみて下さい。

P.S.
2周目の冬号完了、おめでとう(^_-)-☆
2021年も精度を高める気持ちを持って継続あるのみです。

セミナー情報など配信しています。
お友達登録宜しくお願い致します。
友だち追加

 

 

toru-imizutoru-imizu

関節エステプロフェッショナルアカデミー代表の射水徹です。

関連記事