関節エステとは

「関節エステ」のテーマは、
「関節から、美しくなって頂く」です。

関節エステとは、「動きの軽さ」と、「動きのしなやかさ」を生み出すために体系化された、治療現場で実際に使われている手技です。

「動きの軽さ」を生み出すとは、「施術した部位の動きが楽になる」ということです。
「動きのしなやかさ」を生み出すとは、「施術した部位と連関する部分の動きまで楽になる」ということです。

関節エステの最大の特徴は、短時間で身体の変化を体感して頂ける点です。
皆様がすでに習得されているトリートメントを行う前に、関節エステの手技を加えることで、より確実にお客様に変化を体感して頂けるのです。
法規上、「治ります」という表現はできません。
しかし、学んで頂くことは、実際の治療院で使われている手技となります。
習得することで、「身体の痛みの緩和につながるエステ」としてお使い頂くことも可能でしょう。
もとは、カイロプラクティックの動きの検査法を応用した手技です。
カイロプラクティックというと、バキバキするイメージがありますが、そんなことはありません。
実際には、ソフトで繊細なタッチを必要とするものです。
ですから、「関節エステ」で行う手技に、力任せなものは一切ありません。

「関節エステ」開発の経緯は、「関節の矯正ができない」ことからでした。

私の治療家人生のスタートは、カイロプラクティック(以下、カイロ)から始まりました。
22歳の時、2年制の学校に通い始めたことが、スタートです。
私はカイロの「ボキボキ」ができない学生でした。
周囲が、「鳴らせるよ」と、得意げに矯正しているのを見て、悔しかったことを今でも覚えています。
ですから、私はあまり器用な方ではないと思っております。
今でこそ矯正の手技を当たり前にしておりますが、当時はできないことがコンプレックスだったのです。
カイロの基本中の基本に、動的触診(モーション・パルペーション)という検査法があります。
「どこの関節に動きの制限があるか」を確認するための手技(検査法)で、とてもソフトなタッチで行います。
そもそも、カイロの矯正は「モーション・パルペーションの延長にある」という考え方です。
モーション・パルペーションで関節の動きの制限を見つけ、その位置からほんの1ミリ先まで動かすのが、「ボキボキ」という矯正なのです。
私は当時、まったくボキボキができなかったので、モーション・パルペーションの延長を治療にしていました。
わかりやすく言うと、動きの制限を見つけてから「ボキッ」ではなく、「ジワーッ」と動かす治療をしていたのです。
いわゆる「モービリゼーション」と言われるようなことです。
「ジワジワッ」と、関節の制限を取り除いていくイメージです。
意外にも患者さんから、「気持ちが良い」「動きが軽くなる」と好評だったのです。
その「ジワーッ」と動かすモーション・パルペーションを応用したものが、「関節エステ」の原型なのです。
私が不器用で、「矯正ができなかったお蔭で生まれた」産物だったのです。

身体美は、「美脚」から生まれる。

皮膚やリンパ、筋肉をメインに考えるエステティシャンの方が多いと思います。
そこに関節アプローチが加わったらどうでしょうか。
「身体の機能が上がるエステ」「身体のしなやかさが高まるエステ」として売り出すことができると思いませんか。
実際に2014年から関節エステセミナーを始め、現在までで100名以上のエステティシャンの方に喜んで頂けております。
受講生の方々から、「お客様に、エステでここまで見てもらえるなんて思ってもみませんでした」という声を頂くことが増えました。
瞬時に身体の動き、感覚が変わるのですから、偉そうですが、当然と言えば当然かもしれません。
「変わった」というお客様の喜びは、信頼関係とダイレクトに繋がります。
「ここのエステサロンは、他と違う」と思って頂くために体系化されたものが、関節エステの手技なのです。

関節エステは全身にアプローチできます。
中でも「美脚」に特化しています。
「美脚になる」ということは、全身を美しくしていくことそのものだからです。
もし、肩こりで悩んでいるなら、美脚アプローチをすれば良いのです。
もし、腰痛で悩んでいるなら、美脚アプローチをすれば良いのです。
よく「骨盤は身体の土台です」と聞きませんか。
よく「足が身体の土台です」と聞きませんか。
どちらも正しいのです。
土台から身体を元気にすることは、あらゆる問題の解決の近道となるのです。